荒川区愛に溢れた無料の小冊子「ことりっぷ日暮里」が発行 日暮里観光案内所等で配布中

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


様々な種類の観光ガイドブックが発行されていますよね。その中でも人気があるもののひとつがことりっぷです。この度無料の小冊子「ことりっぷ日暮里」が発行されたとのことで、さっそくゲットしてきたのでレポートします。

配布場所

ことりっぷ日暮里が配布されている主な2ヶ所を紹介します。

・日暮里観光案内所

まずは日暮里駅構内にある観光案内所です。実は日暮里にも観光案内所があるのですよね。場所はこちら。

JRの場合、北改札口を出て、東口方面に行ったところです。京成線の場合は北改札口を出た目の前です。

こちらが観光案内所の外観です。

Untitled

小さいので、普段日暮里駅を利用している方は見逃しているかもしれません。10時から16時まで営業しています。

・荒川区役所6階観光振興課窓口

区役所周辺の方はこちらで入手するといいでしょう。

繊維街への買い物や観光で来た方は日暮里駅観光案内所が便利でしょうね。

内容をチラ見せ

それでは中身を見てみましょう。

Untitled

日暮里駅から谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千エリアに散歩に行く方はきっと多いと思います。台東区や文京区ですね。しかし、日暮里駅周辺は荒川区でもあるのですよ。このことりっぷ日暮里は荒川区のみを取り上げています。谷中等に関する紹介はありません。

Untitled

というのも、制作したのは昭文社のことりっぷ編集部ですが、発行は荒川区なのです。なので、他の区に関する情報はなく、荒川区愛で溢れた内容になっていたのでした。

荒川区のはなしで紹介したスポットも登場

ことりっぷ日暮里には当サイトで紹介したお店等も登場しています。

夕やけだんだん
諏方神社
富士見坂
ダージリン 日暮里店
SPICESH(スパイセッシュ)
グルグルジェラート
百舌珈琲店(千駄木に移転)

ことりっぷ日暮里と合わせて、こちらの記事もぜひチェックしてください。

プレゼント企画あり

なお、ことりっぷ日暮里の14ページにはプレゼント企画が掲載されています。ふらっとにっぽりでスタンプを押してもらうとプレゼントが貰えるそうですよ。期間は2022年3月31日までですが、規定数に達し次第終了となるそうです。気になる方はお早めにどうぞ。






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム