荒川区のはなしセレクション「2020年版 荒川区のここが好き!10選」

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


2020年は暗い話題が多い1年となりました。本来だったらあちこち旅行してたくさんの思い出を作る予定だった方もきっと多いことでしょう。筆者もほとんど荒川区から出ることなく1年が過ぎていきました。しかし、荒川区内にもたくさん魅力的な場所があるということを改めて感じさせてもらった1年でもありました。そこで今回は「2020年版 荒川区のここが好き!10選」として、荒川区にお住まいの方にはぜひ行っていただきたいスポットを選んでみました。もちろん荒川区外の方にもぜひとも来ていただきたいです。荒川区に対するイメージがきっと変わると思いますよ。

なお、紹介順は順位ではありません。

荒川区のはなしセレクション「2020年版 荒川区のここが好き!10選」

1.ARAKAWA ii VILLAGE(アラカワイイビレッジ)

DSC_6237c

2020年に「荒川区のはなし」で最も多く記事になったお店です。都電荒川線(東京さくらトラム)の宮ノ前停留所の近くにあり、ギフト、インテリア、カフェが一体となった複合施設です。「下町の道の駅」をテーマにしており、ここに来ると世界中のものから、荒川区の職人さんによる逸品まで何でも素敵なものが集まっています。しかもカフェも併設されているのでコーヒーを飲みながらゆっくりと商品を選ぶことができます。日常使いからプレゼントまで様々なものが揃いますので、ぜひ一度訪れてみてください。なお、通販でも取り扱っている商品もありますので、こちらも御覧ください。
TEXTALIAN

荒川区で暮らす人、働く人、訪れる人の喜びに寄り添う複合施設、ARAKAWA ii VILLAGE(アラカワイイビレッジ)はこんなにも素敵な場所だった!

東京都荒川区にムーミン谷が登場!ARAKAWA ii VILLAGE(アラカワイイビレッジ)のムーミンコーナーにはおしゃれでかわいいムーミングッズが揃っています

2.ブラックホールコーヒーロースターのはちみつコーヒー牛乳

IMG20200517152717

2020年に飲んだドリンクで最も衝撃的な美味しさだったのが町屋にあるブラックホールコーヒーロースターのはちみつコーヒー牛乳です。絶品でした。ただでさえコーヒー牛乳は好きなのですが、コーヒー豆屋さんが本気で作ったコーヒー牛乳はあまりにも最高でした。ブラックホールコーヒーロースターだけでなくカド珈琲でも飲めるのが嬉しかったですね。

絶品のはちみつコーヒー牛乳をテイクアウト!東京都荒川区にあるスペシャルティコーヒー豆専門店 Blackhole Coffee Roaster(ブラックホールコーヒーロースター)

この夏一番の激推しドリンク はちみつコーヒー牛乳が荒川区町屋のカド珈琲でも新発売!

3.尾久の原公園の顔ハメパネル

IMG20200210085913

尾久の原公園には素朴な手作り顔ハメパネルが季節のイベント毎に登場します。この緩さがいいんですよね。公園を散歩する際に思わず頬が緩んでしまいます。

尾久の原公園にお雛様の顔ハメパネルが登場(2020年版)

4.元映画館

元映画館 カフェバー銀幕

かつて三河島駅の近くに日暮里金美館という映画館がありました。1991年10月23日に閉館となった後、しばらくそのままになっていましたが、2019年10月23日にカフェバー&多目的イベント・芸術空間の「元映画館」に生まれ変わりました。内部は映画館の頃のままです。スクリーンがあって、天井が高くて、いつ映画が始まってもおかしくない雰囲気です。ここはぜひ訪れてほしい場所ですね。

かつての日暮里金美館がカフェバー銀幕に生まれ変わった!令和の時代に昭和の雰囲気を楽しもう

5.浪花家のおにぎりとたい焼き

Untitled

たい焼きといえば町屋駅近くにある浪花家と子供の頃から思っていました。2020年も何個も食べましたね。たい焼きだけでなくおにぎりもよく買っています。筆者の子供も大好きなのですよ。夏場にはたい焼きはお休みとなり、かき氷の販売があります。オールシーズン下町の美味しさを味わえますよ。

東京都荒川区荒川6丁目にある浪花家のたい焼きはテイクアウトして食べるおやつに最適

東京都荒川区荒川6丁目にある浪花家はおにぎりも美味しい!特に茶飯が最高にお勧め

6.御宿ちよだ、ちよだ新館

東京都荒川区南千住 御宿ちよだ・ちよだ新館

荒川区に住んでいると区内の宿泊施設を利用することはまずないと思います。でもこんなにも素敵なお宿が南千住にあったのですよ。お宿ちよだは和の雰囲気で、隣にあるちよだ新館はモダンな造りです。2つの全く異なる顔があるホテルなのです。荒川区に宿泊したいという方がいたら真っ先にお勧めしたいです。外国からの観光客にも人気だそうですよ。世界が落ち着いたらきっと連日満室になると思います。

おいでよ南千住へ!駅チカ、おしゃれ、和の雰囲気が詰め込まれた御宿ちよだとちよだ新館の完全宿泊ガイド

7.アジアン商店

Untitled

2020年3月、日暮里駅近くに台湾、タイ、ベトナムなどのアジアの食品の食品を中心に販売するアジアン商店がオープンしました。お店の前を通ると、何か面白いものが売っていないかとつい立ち寄ってしまいます。台湾の魯肉飯やタイのガパオの素が大好きですね。中の人によるTwitterも緩くて面白いのですよ。

日暮里駅近くにアジアン商店がオープン タイ、韓国、ベトナム、台湾などのアジアの食品がここで入手できる!

缶詰の魯肉飯!手軽に台湾の味を自宅で楽しもう!

8.あらかわ遊園の観覧車

(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

2022年春のリニューアルオープンに向けてあらかわ遊園の工事が進んでいます。実は観覧車は既に完成していまして、試運転やライトアップが行われているのですよ。特にライトアップは季節のイベント毎に異なる色になったりして、通りがかる人の目を楽しませてくれています。実際に乗ることができるのはまだまだ先ですが、しばらくはこのライトアップを楽しみにしたいと思っています。

リニューアル工事中のあらかわ遊園の観覧車がライトアップされています

9.わっぜカフェ

DSC_7273c

2020年6月、西尾久にwazze cafe(わっぜカフェ)がオープンしました。ちなみに、「わっぜ」とは鹿児島の言葉で「すごい」という意味合いだそうです。鹿児島らしさがあるメニューがあるのはもちろんですが、筆者が好きなのバタフライピーです。最初は青いのに、レモンを入れると紫っぽい色合いに変わるのです。これがすごく楽しいのですよ。オムライスと一緒に注文するのが個人的なお勧めです。

2020年6月13日(土)、東京都荒川区西尾久にwazze cafe(ワッゼカフェ)がオープン!プレオープンの日に氷にもこだわりがある知覧茶を飲んできました

透き通った青から魅惑の紫へと色が変わるバタフライピーが荒川区西尾久のwazze cafe(わっぜカフェ)で飲める!

10.LDK stand

DSC_7152c

2020年5月、町屋駅近くに名前のないカフェが誕生しました。しかもコーヒーに値段はついていません。お客さんが自分の判断で値付けするのです。店主のいとうちゃんのキャラクターのよさもあって、一気に大人気店となりました。その後本業の忙しさもあってなかなか開店できずにいますが、きっと町屋にも帰ってきてくれることでしょう。首を長くして待ちたいと思います。店名はLDK standに決まっています。

東京都荒川区の町屋駅近くに名もなき小さなカフェがオープン!コーヒーの値段はあなたが決めてください

町屋駅近くにあるあの名もなき小さなカフェの屋号が「LDK stand」に決定しました!

以上が荒川区のはなしがセレクトする「2020年版 荒川区のここが好き!10選」でした。もちろんここに出てきていないお店やスポットでも大好きな場所はたくさんあります。その中から敢えてこの10選とさせていただきました。2021年にもきっと素敵な場所がどんどん荒川区内でオープンすると思います。その際はこちらでもぜひとも紹介していきます。皆さんの好きな場所もぜひ教えて下さい。メールやSNSを通じての情報提供をお待ちしています。






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム